【カンクン旅行費用】 カンクン8日間フィエスタアメリカーナ利用だとコウだった!

2016年3月18日から25日まで8日間のメキシコカンクン旅行、冬の札幌から常夏のメキシコ・カンクンに旅行してみました。

夫婦たび案内人

私達夫婦にとっては初メキシコ、しかもアメリカ本土ヒューストン空港経由での海外旅行です

そんな私達夫婦のカンクン旅行費用は...

2016年海外旅行はメキシコ・カンクン旅行に決定

2016年第一弾の海外旅行、今回の目的地はメキシコ・カンクン

なぜメキシコ?
しかもカンクン?
なのかというと、それは

どーしてもカンクンに行きたい!

レアキャラ

とのことで。

私はアジア好きなのでタイ旅行を本命にリピートして、ちょっと飽きてきたらバリ旅行とかベトナム旅行とかアジア諸国にチェンジするのが好みなんですが、奥様は

『アジア、ちょっと連続で行きすぎた』と。

確かに2015年はタイ旅行とバリ旅行、前年の2014年にもタイ旅行に行ってましたからね。

ということで奥様の一言で、2016年最初の海外旅行はメキシコ・カンクン旅行に決定しました。

まあいつも行き先は奥様が決めて、旅行の手配まで全てする(のが仕事のストレス解消になって好きらしい)ので、ほぼほぼ私はお任せなんですけどね。

で奥様曰く、急にカンクン旅行に行きたくなった理由は、

  • ヨーロッパは今どこに行ってもテロがヤバすぎる
  • だったら逆方向、ならカリブ海とかを見てみたい
  • マヤ文明の遺跡チェチェンイッツアを直に見てみたい
ということでした。

なるほど奥様にそう力説されると、流されてカンクンに行ってみたくなった私。

ということで、いつものごとく旅行会社や滞在ホテル・オプショナルツアーの選定を含めてすべて奥様任せでメキシコ・カンクン旅行に行くことで決定したのでした。

私は北米大陸初上陸です。

メキシコ・カンクン旅行費用、8日間でおいくら?

ということでメキシコ・カンクンに2016年3月18日から25日の

  • 【札幌発着】*ANAマイルも貯まる*★常夏の楽園カリブ海★カンクン8日間、チチェン・イツァ&セノーテOP無料、日本人スタッフ常駐!フィエスタアメリカーナ/3階以上の部屋指定(朝食付き)、ユナイテット航空、日本人送迎つき/燃油込み

というエイビーロードでチョイスした「株式会社旅工房」さんの企画ツアーにしてみました。

5スターのフェイスタアメリカーナ/3階以上の部屋指定(朝食付き)宿泊とオプショナルツアーのセットでは、一番お得な企画になっていた感じでして。

添乗員などはつかず、夫婦二人で現地まで頑張って到着して、空港からホテルまでは日本人送迎つきで、チェックインしたあとはオプショナルツアーを入れたり、自由行動だったりというパターンの旅行です。

MEMO
そんな今回のメキシコ・カンクン旅行費用、二人分の代金は合計で592,200円

「ちょっと贅沢かなー」

「アジアならこの半分で行けるなー」

とも思いつつ、カリブ海なんてそうそう行けないのでまあいいかって。

カンクン旅行費用はエイビーロードで決めました

ちなみに私達夫婦は、海外旅行をするときはいつもこのようなパターンが多く基本的に添乗員同行のツアーには行きません。

なのでエイビーロードAB-ROADでネット検索して、セットとなっているオプショナルツアーなどを比較してから一番安い企画ツアーを選ぶことが多いです。

MEMO
エイビーロードAB-ROADは小規模ツアー会社さんを一括比較できるサイトです。
大手と違って小さい会社さんの企画ツアーが多くキメ細かい対応がミソで、メールで問合せするとこちらの希望どおりカスタマイズ対応もしてくれるところを発見できるので、私達夫婦はいつも利用してます。

↓エイビーロードはこちらから

札幌からメキシコ・カンクンまでの延べ所要時間はスゴかった!

じゃあ行こう!カンクンへ!!

って言ってもやっぱり遠かったっす、メキシコ・カンクンは...

まず札幌市の自宅を朝5時40分に出発、車で高速道路を使って早朝の新千歳空港へ、そしてANA成田行きNH2152便で0750出発0925到着。

ここまでで既に4時間が経過。

成田からカンクンまでは直行便がないので、アメリカ・ヒューストン経由のユナイテット航空、こちらは成田出発が夕方17時なのでそれまで成田国際空港でAM9時半から出発まで7時間半待ち。

でもそこまでしてもANAスターアライアンス系を絶対に利用したいんです、私達夫婦はスターアライアンスメンバーなので。

で、ユナイテットUA1083でアメリカヒューストンへ、日付変更線をまたいでしかも11時間の時差もあってヒューストン到着は現地時間14:40。

つまり飛行機内に11時間40分間いたことになります。

ほぼ半日を機内で過ごすワケですが、でも今回はそれほど苦痛ではありませんでした。

これもおそらく成田で購入した飛行機首枕のおかげだと思うんですけどね。

そしてアメリカヒューストンで一時入国審査を受け、そのまま乗り継ぎでメキシコ・カンクンに向かいます。

ヒューストン発は17:53なので、約3時間の待ち時間。

そしてUA1083便でヒューストンを出発しメキシコ・カンクンに到着したのは現地時間20:05と約2時間20分のフライト。

つまり、札幌の自宅を出発して13時間30分後に成田を出発、ヒューストンまで11時間40分、乗り継ぎで約3時間とヒューストン-カンクンで2時間20分ですから...

合計30時間30分使ってメキシコ・カンクンについた計算になります。

やっぱ遠いっす、メキシコ・カンクンって...

夫婦たび案内人

感覚的に地球の裏側に来たって感じでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です