【カンクンのレストラン】ローカルバスでタイ料理Thaiレストランに行ってみた

私達夫婦はカンクン滞在をオールインクルーシブにしなかったので、グランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチリゾートの朝食以外の食事は、全て自前で探さなければなりません。

夫婦たび案内人

地元で有名なレストランなどもグランドフィエスタアメリカーナコーラルビーチリゾートの日本語が話せるコンシェルジュさんに頼めばサクッと予約してくれるのでとても楽でした

1日目のカンクンディナーはタイ料理で有名なThaiレストラン


1日目のディナーはタイ料理、さまぁ~ずの旅テレビ(7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート)でも取り上げられていたThaiレストランに行ってみました。

めちゃデカい水族館もあるショッピングモール『ラ・イスラ・ショッピングビレッジ』の敷地内にあるお店です。

ラ・イスラ・ショッピングビレッジラ・イスラ・ショッピングビレッジ

ラ・イスラ・ショッピングビレッジ敷地内の水族館の横にThaiレストラン入り口があります

カンクンthaiレストラン夕方6時30分すぎに突撃しました

カンクンthaiレストランエントランスなんだかタイというよりはジャングル的なインテリア?

カンクンホテルゾーンのタイ飯thaiレストランでディナー

カンクンthaiレストランテーブル席お目当てのビーチフロントは予約でいっぱいだったので
普通の個室ブースをゲット

メキシコ・カンクンビールModelo1杯目は地元ビールのModeloを頼んでみました

海外旅行ディナーで一番重要なのは『3皿伝説』

さて海外旅行時のディナーで一番重要なことがあります。

それは夫婦二人で料理を注文する場合、何品頼めばちょうど良いか?ということ

海外って1皿あたりのボリュームがスゴイので、夫婦でシェアして食べても食べきれない事が多々あるんです。

そんな私達夫婦が辿り着いた結論は...

MEMO
夫婦二人でお酒(ビール&ワイン)を飲みながらの食事なら3皿がちょうどイイ

というものです。

まあ前菜を入れる場合は4品でもいいのですが、3皿がちょうどイイ。

これが長い海外旅行経験で培った私達夫婦の知恵『3皿伝説』。

ですがタイ料理はもう勝手知ったるものなので、今回は4品オーダーしました。

 

カンクンthaiレストランの揚げ春巻きとヤムウンセン前菜代わりの揚げ春巻きとヤムウンセンを1皿づつオーダー

カンクンthaiレストランのパットタイタイ料理レストランはパットタイで味の良し悪しがわかります
ここのはメキシコ・カンクンとは思えないくらい
本格的なタイ味でウマシでした!

カンクンthaiレストラン魚料理タイ料理ではこれまた欠かせない
白身魚のフライのタマリンドソースとジンジャー&ガーリック味
これも本格的に美味かった!!

カンクンthaiレストランで赤ワイン調子に乗って赤ワインフルボトル1本をオーダー
フルボディって言ったらこれをオススメされました

メキシコ・カンクンの地元で有名なタイ料理Thaiレストラン、そのお値段は?

というわけでメキシコ・カンクンの地元で有名なタイ料理レストランthaiでのお食事、超ウマしでした。

メキシコとは思えないほど本格的なタイ飯のお味でしたし。

そんなThaiレストランのお会計ですが...

 

メキシコ・カンクン、thaiレストランのお会計赤ワイン1本ボトルとビール2杯とお料理、そしてチップ込みで

夫婦二人分で2,415ペソ、日本円で16,900円

タイ料理って、海外で食べると高級ディナーになってしまいますから、やっぱタイで食べるのが一番かもしれません。

夫婦たび案内人

半分はお酒代ですけどね...

ということでメキシコ・カンクン初日の街ディナー、大いに美味しく楽しめたので、翌日もカンクンホテルゾーンの地元レストランについつい期待してしまう私達夫婦なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です