バリとタイ、どっちがイイかを10項目で比べたらコウなった!

50’s夫婦たびでは今までにバリ島に4回、タイに至っては10回旅行しています。(数えてみてビックリ)

ですからバリとタイどっちがイイかというと、私達夫婦的には回数から分析すると「タイ」になることは否めません

だとしても、バリとタイどっちかに旅行した回数がダブルスコア以上に違うというのは、それなりに理由があるからですよね。

そこでここではバリとタイ、どっちがイイかを10項目で比べてみました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • バリ旅行とタイ旅行、どっちがイイのか考えあぐねている方
  • バリ旅行とタイ旅行、双方のメリット・デメリットを比較したい方
  • バリ旅行とタイ旅行でどちらが楽しめるかを知りたい方
タイ旅行・バリ島旅行をオーダーメイドしたいなら
タイ旅行・バリ島旅行をあなたの思い通りの旅にするウラ技は、「タウンライフ旅さがし」のお試し見積もり依頼にアリ。
 
タウンライフ旅さがしは海外旅行の無料一括見積りサイトで、世界各地域を専門に取り扱う旅行会社さんから一括で見積り・プラン提案の回答がもらえます。
 
延泊とか、ホテル送迎付きとか、この日にオプショナルツアーとか、やっぱりオプショナル変更とか、けっこうワガママ聞いてもらえますw
 
>【無料一括】タウンライフ旅さがし 公式サイトはこちら

バリとタイどっちがイイ?|1.移動にかかる所要時間で比べてみた

  • 成田空港 - バリ/ングラ・ライ国際空港 所要時間7~8時間
  • 成田空港 - タイ/スワンナプーム国際空港 所要時間6~7時間
飛行機でも移動時間だけを見ると、タイのほうが1時間ほど早く現地に到着します。

50’s夫婦たび案内人

とはいえ違いは1時間だけですから、それほど大きな差ではありませんよね、寝ていればそんなに気になる時間ではありませんし。

ちなみに時差でいうとバリは日本より1時間遅れ、タイは日本より2時間遅れと、こちらも1時間の差がありますが、どちらも時差ボケを引き起こすようなことはない時間差です。

なお私達夫婦の住む札幌からですと飛行機はすべて新千歳空港スタートとなり、毎日直行便運行のタイのほうが成田経由で旅行するよりも時間がかかりませんから、タイにアドバンテージありです。

1.バリとタイ、移動にかかる所要時間はどっちがイイ?
  • 成田直行便だと1時間ほどタイのほうが早く到着できるが、体感的にはさほどどちらも変わらない
スポンサードリンク

バリとタイどっちがイイ?|2.季節で比べてみた

  • バリの乾季:4月~10月
  • タイの乾季:11月~4月
バリとタイどっちがイイかで比較したときに一番大きな違い、それは旅行ベストシーズンが何月か?ということでしょう。

50’s夫婦たび案内人

特にアジア圏の雨季って私達の想像以上に雨が降りますから、海遊びや観光スポット巡りをするときはやっぱり乾季のほうが楽しいんです。

2006年9月にマレーシア旅行をしたときは早めの雨季に当たってしまい、日本から事前申し込みしていた海オプショナルツアーに土砂降りの雨の中を参加することに。

それでも海の中は温かくキレイでしたが、景色が雨降りなので気持ちが高ぶらなかったという記憶があります。

ちなみに私達夫婦は北海道札幌在住ですから、毎年キビシイ冬を体感しています。

ですから北海道の冬の寒さから逃れて南国の温かいところで旅行を楽しみたい...

という願望が心のどこかにあるんでしょう、なので北海道の厳寒期中であるタイのベストシーズン11月-4月に旅行をする機会が自ずと増えているのだと思います。

6月から9月の北海道は、梅雨もなく爽やかで気持ちがイイですからねー。

毎日が過ごしやすいのでわざわざ暑い南国には行かないということで、バリ島旅行の回数が少ないのかもしれません。

2.バリとタイ、季節で比べてみたらどっちがイイ?
  • バリとタイはベストシーズンが真逆なので、休める時期によって選ぶのが一番良い

バリとタイどっちがイイ?|3.物価で比べてみた

バリ島ウブドのスーパーにあったビンタンビールの陳列写真バリウブドのスーパーのビンタンビア価格

  • バリのスーパーの缶ビール:ビンタンビア350ml=14850ルピア約118円(1万ルピアRp=80円)
  • タイのコンビニの缶ビール:チャンビア350ml=38バーツ約133円(1タイバーツTHB=3.5円)
バリとタイでどっちのビールが安いかで比較すると、ほぼほぼ同じくらいどちらも安いです。笑

50’s夫婦たび案内人

ただしバリとタイのどっちが物価を安く感じるかというと、タイですかね。

バリはタイに比べると食事の面で若干高いというか、タイのローカルフードがめちゃ安だと思うんです。

タイのフードコートで食事をするとほぼほぼ1品200前後ですから、存分に現地グルメを堪能することができます。

3.バリとタイ、物価で比べてみたらどっちがイイ?
  • 食事やビールなどで比べると、ややタイのほうが安く感じる
スポンサードリンク

バリとタイどっちがイイ?|4.観光スポットで比べてみた

  • バリは伝統芸能や寺院、緑の景色などにパワースポット的な不思議な力を感じる
  • タイは金ピカの華麗な寺院は多いが、人も多く派手すぎて落ち着きはさほど感じない
バリはバリヒンドゥー、タイは仏教とどちらも宗教熱心で信心深いお国柄お人柄はどちらも日本人にとってとても心地よいです。

50’s夫婦たび案内人

ですがバリとタイの観光名所で明らかに違うのは「落ち着き度合い」だと思います。

タイの寺院は金ピカでメチャメチャきらびやかですから、最初に訪れたときは「オオッ」って感動するのですが、世界中から観光客が押し寄せていることもあり、寺院などで落ち着くことができません。

 
その点バリは落ち着いた雰囲気というか、ココロが安らぐパワースポット的な雰囲気を肌で感じるところが多いと感じます。

4.バリとタイ、観光スポットで比べてみたらどっちがイイ?
  • バリは「心休まるパワースポット」、タイは「ゴージャスで派手」、気分によって決めるのが良いと思います
スポンサードリンク

バリとタイどっちがイイ?|5.治安の良さで比べてみた

  • バリの治安はかなり良いが、現地での通貨両替は要注意
  • タイも治安はかなり良いが、タクシーはダメダメ
私達夫婦はバリとタイどっちでも危ない目にあったことがありませんが、どっちの治安が良いかというと、私はバリのほうが治安は良いかなーと感じます。

ですがバリは1点だけ、現地での通貨両替のときやお釣りをもらうときには気をつけましょう。

バリの通貨ルピアはゼロが多いので、1桁間違えると大変なことになります。

10000ルピアRpが日本円で80円ですから、日本円の5万円を現地でルピアに両替すると6,250,000ルピアRpになるんですね。

50’s夫婦たび案内人

このときにゼロを1桁少なく625,000で渡してくるといった詐欺が、今でもあるようなんです。

ですからバリでは治安よりも通貨ルピアの計算に気をつけるべきですし、両替するなら現地のATMでキャッシングするほうが安全で便利です。

 
一方のタイは、治安は平均的に良いのですが、タクシーがダメダメです。
  • 走り出してもワザとメーターを倒さない
  • 外人にもわかるような遠回りをして目的地に行く
  • 日本語で話しかけてきて観光チャーターにしようとする
どれも本当にタイバンコクで私達夫婦が体験したことです。

50’s夫婦たび案内人

日本円でほんの数百円しか違わないのに、少しでもお金をボッタグろうとする嫌らしさがタイのタクシードライバーには多く感じますから。

本当に日本って良い国だと、つくづつ思います。

5.バリとタイ、治安の良さで比べてみたらどっちがイイ?
  • バリとタイどっちも治安は良いので日本人も安心して旅行できるが、バリは両替に、タイはタクシーに注意すべし

バリとタイどっちがイイ?|6.食事の美味さで比べてみた

  • バリ料理は美味しいが、全般的に優しい(ぼやけた)味に感じる
  • タイ料理は「甘い」「辛い」「酸っぱい」「独特のニオイ」と極まっており、しかも全てが美味しい

50’s夫婦たび案内人

バリとタイどっちの料理が美味しいかというと、やっぱりタイです。

タイ料理は「甘い」「辛い」「酸っぱい」、そしてパクチーやドリアンなど「独特のニオイ」が混濁しているのに、それでいてスパイシーで味わい深いですし、ローカルフードを含め日本人にも合う料理ばかり。

 
その点バリ料理は、タイ料理と比べると差があるというか、美味しさをそれほど感じないというか。

「この味だったら、タイの◯◯◯のほうが美味しかったな…」って思うことが個人的には多かったです。

料理のバリエーションの豊富さでいっても、タイで食べるご飯は選ぶのに困るほどたくさんありますから、料理だけで比較するのなら私達夫婦の好みはタイに軍配を上げます。

6.バリとタイ、食事の美味さで比べてみたらどっちがイイ?
  • ダブルスコア差でタイ料理のほうが美味しいと思う!

バリとタイどっちがイイ?|7.お土産・雑貨で比べてみた

  • バリはバリ雑貨のセンスの良さが光る
  • タイはお香とゾウ系のお土産が豊富

50’s夫婦たび案内人

バリとタイ、どっちのお土産・雑貨が良いかというと、センスが良くて品を感じるのはバリですね。

バリ雑貨は芸術性が高いというか、美しいモノが多いような感じ。

ナチュラル系のコスメやソープなども多いですね。

家具やアタ製品など、バリの工芸品は仕上がりが美しくてキレイです。

タイはゾウさん好きにはたまらないほど、ゾウをモチーフにしたキラキラ系お土産が多いです。

あと「お香」も、バリよりもタイのほうが種類豊富に売っています。

好みはあると思いますが、センスの良いモノが多いのはバリのような気がしますです。

7.バリとタイ、お土産・雑貨で比べてみたらどっちがイイ?
  • センスの良いモノが多いのは、バリのような気がする

バリとタイどっちがイイ?|8.海遊びで比べてみた

  • バリの海は波が高く、海岸でも意外と岩が多く、海の色は茶色が強い系
  • タイの海はエメラルドグリーンで、海岸の砂もホワイトサンド系が多い

50’s夫婦たび案内人

バリとタイ海の見た目のキレイさや、マリンアクティビティで比較すると、圧倒的にタイのほうが綺麗です。

海で遊ぶオプショナルツアーやプーケット島などの離島もキレイですし、そもそも海自体がエメラルドグリーンでしかも砂が白いです。

シュノーケルだけでも美しさやお魚の豊富さを楽しめるほど、タイの海はとても美しいですし、しかも海が温かい。

バリの海はタイに比べると冷たい感じですし、バリは海よりも森の緑のほうがキレイに見えますので、森林浴的なリラックスを求めるのならバリでしょう。

8.バリとタイ、海遊びで比べてみたらどっちがイイ?
  • 海はタイのほうがキレイで楽しめます

バリとタイどっちがイイ?|9.マッサージで比べてみた

  • バリのマッサージは源流が不明
  • タイマッサージは技術とコスパ面で地上最強
バリとタイどっちのマッサージが気持ち良いかと言うと、断然タイマッサージです。

1時間300バーツ(約1000円)程度で本格的なマッサージが味わえるタイは、肩こりや腰痛持ちの人にとてもありがたい所ですし、観光で歩き疲れたときの足マッサージもタイのほうが安くて上手。

バリのマッサージははっきりしないというか、そもそもマッサージという文化がなかったんじゃないか?と思うほど、バリマッサージって目立ちません。

50’s夫婦たび案内人

ですからマッサージの気持ちよさを味わいたいのなら、確実にタイ一択です。

バリはマッサージを期待するのではなく、スパを味わうべきところです。

9.バリとタイ、マッサージで比べてみたらどっちがイイ?
  • マッサージだけで比べたら100%タイ

バリとタイどっちがイイ?|10.スパで比べてみた

  • バリのスパは気持ちよさとコスパ面で世界一!(だと思う)
  • タイはスパではなくマッサージをするところ
バリとタイでどっちのスパが良いかというと、クオリティの高さ、気持ちよさ、コスパ、どれを取ってもバリは世界一であろうと思います。

マッサージとは完全に逆で、タイのスパ技術はバリの真似をしている感じですね。

ですからスパは間違いなくバリ一択です。

50’s夫婦たび案内人

私達夫婦はタイバンコクでも最終日に有名スパに行ってみましたが、タイでスパに大金を払うのがモッタイナイと思えるほど、バリのスパは別格のクオリティでメッチャ気持ち良いです。
9.バリとタイ、スパで比べてみたらどっちがイイ?
  • 120%バリのスパ!バリのスパクオリティは東南アジアNo.1だと思う

バリとタイどっちがイイ?|まとめ

ということで、バリとタイどっちがイイかを10項目で比較してみました。

まとめますと、バリとタイはどっちも物価が安く、日本人に友好的なので、どちらでも存分に楽しむことはできます。

ですから、旅行先としてバリとタイどっちがイイかを決めるときは、次のように考えてみてください。

【まとめ】バリとタイどっちがイイ?
  • バリは4~10月、タイは11月~4月、あなたの旅行する時期のベストシーズン先を選ぶべき
  • どちらも物価は安く、治安も良いので、食事の美味しさや辛さ・視覚的な刺激が欲しいのならタイがおすすめ、心身ともにリラックスして癒やされたいのならバリがおすすめ
  • 男性はタイでマッサージ、女性はバリでスパは外せない体験必須メニューです
特に女性には、バリ島独特の空気というか、湿気の高い空気モイスチャーでお肌が見違えるほど「ぷるるんっ」ってなりますからおすすめですっ

レアキャラ

旅行プランを自宅でたくさん集める方法

私達夫婦の行ってみたい海外旅行って、ピッタリのプランを見つけるまでにかなり時間を要します。

ですが最近、ちょっと便利なサービス「タウンライフ旅さがし」を参考にすることで、50’s夫婦たびのプラン選定がめっちゃ早くなりました。

タウンライフ旅さがしは、あなたオリジナルのオーダーメイド旅プラン提案依頼を、各地域を専門に取り扱う独自コネクションを持つ旅行会社へ一括で無料見積り・プラン提案の依頼ができるサービス。

申し込み画面であなたの希望内容を「コレでもかっ!」と書き込んでも、そのエリアに強い旅行会社のプロがすぐに対応し見積りを送ってくれる、ナイスなサービス。

つまり、あなたのオリジナル旅プランを、一括で5社くらいに無料見積りしてもらえます。

【ウラ技!】あえて見積もり金額を高めに設定入力しておくと、素敵なオススメプランをどんどん出してくれるので、知らなかったコトまで情報収集できます。

見積りしてもらっても、別に申込みしなければ大丈夫ですし、変な勧誘電話やメールも来ないので大丈夫です。

  • 旅行プランを考える時間がない
  • 一つ一つ旅行プランを比較チェックするのが得意じゃない
  • 旅行手配のプロが考える旅行プランを知りたい
  • 希望に沿った旅行プランにカスタマイズしてほしい
  • 行ったことがない旅行先に行こうとしているから超不安

というときにはピッタリの、無料一括見積り・プラン提案の依頼ができるサービス。

それぞれの国やエリアの旅行プロからアドバイスを受けられるので、初心者はもちろん、旅慣れた人でも知らなかったことを教えてもらえたりもして、旅プランの視野も広がる。

また、今なら見積依頼をするだけで、『海外旅行を成功させる7つの法則』と『クオカード1,000円分』がもらえますから、ちょいとした旅行グッズを買う足しにもできます

>【タウンライフ旅さがし】くわしくはこちら
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です