タイバーツ両替おすすめ|夜もATMキャッシングは24時間到着空港で可能!

夫婦たびでは通算でタイに9回旅行していますから、タイ旅行に関してはコツを掴んでいるというか、旅の回数を重ねたぶんだけ経験を活かせる場所になっています。

そんなタイで日本円をバーツに両替するのにおすすめなのが、夜でも最終到着地の空港でカードさえあれば24時間可能なATMキャッシング。

タイは空港はもちろんのこと、カオラックのような穴場リゾート地でもコンビニがあればATMが必ずあるという感じで、両替商よりもATMのほうが圧倒的に多いんです。

ここでは私達夫婦が、タイだけに限らず海外旅行の際に必ず行うATMキャッシングが本当におトクかどうかについて解説します。

タイバーツ両替おすすめ|夜でもATMキャッシングは得なのかを検証してみた

タイのお金はタイバーツThai Baht。

ここでは2015年2月のタイ・カオラック-バンコク旅行で使ったVISAカードの利用明細を基に、日本円⇒タイバーツの両替はタイ・プーケット国際空港のATMキャッシングでもお得なのかどうかについてチェックします。

ちなみに2015年2月時の1バーツは日本円で約3.7円ほどでしたので、3.7円でチェックしますね。

VISAカードでATMキャッシングをしたカード利用明細
今回はプーケット国際空港のATMを利用しました

こちらのVISAカード利用明細をチェックしますと、2015年2月22日(プーケット到着日)に20,000タイバーツをATMキャッシングして、日本円で73,345円になっています。

このカード利用請求日が4月10日ですから、ATMキャッシング利用日2/22から数えると返済期間は47日間。

そしてVISAカードの実質年利は18%で、今回の返済期間47日間のATMキャッシング利用利息は1,698円。

更にプーケット国際空港ATM利用手数料が216円かかっています。

つまりこの時の夫婦たびでは、

MEMO
2万バーツをATMキャッシングして返済するのに75,259円かかった(73,345円+1,698円+216円)

うーん…ちょっと分かりづらいので、今回のレートで日本円10,000円をタイバーツにするといくらになるかにしてみましょう。

日本円1万円はタイバーツに両替すると幾らになるか?

2万タイバーツに両替するのに、日本円で75,259円かかったということですから、

20,000 ÷ 75,259 × 10,000 = 2,657タイバーツ

つまりプーケット国際空港のATMキャッシングでは、

  • 10,000円 = 2,657タイバーツ

で両替できたということです。

さてこの10,000円 = 2,657タイバーツは、果たして私達夫婦にとっておトクだったのでしょうか?

タイバーツ両替おすすめ|タイで両替レートが良いと言われている両替所

タイの両替は、両替商の場所によって手数料が大きく違いそれだけでかなりの差が出てしまいます。

そんな中でも最も手数料が安く両替出来るのは、タイ国内にある両替所で両替する方法です。

そしてバンコクでも両替レートが良いと言われている両替所は、次の4つです。

※名前をクリックしてもらえると各両替所HPを確認できますから、それぞれの両替所レートを確認してみてください

そして、時間毎に変わるタイバーツの最高レートがわかるサイトもあります。

引用:https://thaibaht.ryogae.com/

さて、どうでしょう。

2015年4月のレートでは1万円が2,735タイバーツということですから、結論から言うと

結論
私達夫婦がプーケット国際空港ATMキャッシングで両替したレートよりも、バンコク市内の両替所で日本円を両替したほうが78バーツ分おトクだった

ということです。

タイバーツ両替おすすめ|夜も空港ATMキャッシングがオススメな理由

2015年2月の夫婦たびプーケット国際空港でATMキャッシングをしたら『10000円 = 2,657タイバーツ』でした。

一方のバンコク市内の最得レートで両替をすると『1万円 = 2,735タイバーツ』ですから、その差78タイバーツです。

日本円だと288円の差

バンコク市内の最高おトクなレートでも、日本円で288円しか違わないんです

ですから日本の空港や現地空港の両替所で日本円をタイバーツに両替すると、もっと悪い換金率になります。

確かにバンコク市内にいる時であれば、最高値両替所でタイバーツに両替するのが一番おトクなのは解りましたが、バンコクにSTAYしないとその恩恵には授かれませんし、バンコクに滞在したとしても最高値両替所に行くまでの交通費だってかかります。

一方で空港のATMってどこの空港でも必ずあって、到着時間がたとえ深夜であろうと24時間利用できますし、セキュリティも良く紙幣の数え間違いなども一切ありません。

そしてその差は日本円で「288円」しか違わないという。

そう考えると私達夫婦は

MEMO
海外旅行到着地の空港ATMでキャッシングをするのが気軽で便利で安心

ということで、海外旅行ではATMキャッシングで現地両替することにしています。

なお空港ATMキャッシングで現地通貨にするときは、ATMからはすべて紙幣で出てきますから、空港の売店かホテル到着までの送迎ガイドさんに頼んで道中のコンビニに寄ってもらい、お水やビールなどを買ったりしてチップとする小銭を手に入れるようにしています。

夫婦たび案内人

海外旅行の現地通貨をATMキャッシングするようになってから、両替の悩みはなくなったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です