別府「とり天」を東洋軒で食す!元祖とり天とザンギの違いは?

別府名物といえば、別府温泉のほかに有名なのが『とり天』ですよね。

私達夫婦は今まで『とり天』なるものを食したことがなかったので、由布院温泉に入る前に大分別府とり天発祥のお店「東洋軒」でランチをすることにしました。

夫婦たび案内人

私達夫婦は北海道ですから、鳥の唐揚げといえば「ザンギ」しか思い浮かべません

別府とり天発祥のお店「東洋軒」

北海道だと「鳥の唐揚げ=ザンギ」なんですが、別府名物は「とり天」なんですね。

「鶏肉の天ぷら」ですから、唐揚げとはやや違うようですし。

ということで、どこの『とり天』にしようか迷ったのですが、ガイドブックにも『元祖とり天』と紹介されていた大分県別府のレストラン『東洋軒』を訪れてみることにしました。

大正天皇の料理人も務めた創業者宮本四郎さんが、大分県内で初のレストランとして開業したのが「東洋軒」さんらしいですね。

現在は3代目が創業当時に開発された『とり天』の味を守っているとのことです。

大分県別府レストラン東洋軒外観立派なお店ですね。
お店の前以外にもおおきな駐車場がありました

 

大分県別府レストラン東洋軒とり天発祥の店別府名物とり天発祥の店

 

大分県別府レストラン東洋軒入り口私達夫婦は2階に通されまして

大分県別府レストラン東洋軒2階ランチのピークが過ぎたんですね
木曜日の13:30なのでお客さん少なかったです
ラッキー

 

大分県別府レストラン東洋軒ナプキンナプキンにも格があるという感じ

東洋軒のとり天をいただく

私は名物の『とり天』を、奥様はなぜか興味津々で『牛肉刀削麺』をオーダーしました。

奥様は、刀削麺を食べるのが初めてだったようです。

大分県別府レストラン東洋軒「とり天ランチ」とり天ランチ

 

大分県別府レストラン東洋軒とり天拡大写真本当に鶏肉の天ぷらですね

 

大分県別府レストラン東洋軒牛肉刀削麺奥様オーダーの牛肉刀削麺

 

大分県別府レストラン東洋軒牛肉刀削麺の麺拡大写真幅広の麺がビロビロってたくさん

 

大分県別府レストラン東洋軒メニューその他にもメニューはもりだくさん

別府とり天東洋軒の「とり天ランチ」と「ザンギ」の違いは?

別府とり天東洋軒の「とり天ランチ」と「牛肉刀削麺」のお会計は

大分県別府レストラン東洋軒とり天ランチと牛肉刀削麺のお値段牛肉刀削麺のほうが高かったという…

さて、別府とり天東洋軒の「とり天ランチ」と「ザンギ」の違いですが...

お味のほうはというと...美味しかったです。

でもですね、「鳥肉の天ぷら」です。

丸亀製麺の「とり天ぷら」とどう違うかと言われると、ムズカシイというか、同じような...

北海道名物のザンギと比べると、仕上がりの色合いがザンギのほうが濃い。

とはいえどちらも鶏肉ですから、そんなに違いは感じませんでした...。

夫婦たび案内人

元祖『とり天』は食べてみて「ふーん」という感想で、さほど驚きはなかったという

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です