【海外旅行でワイファイは必要か?】【実話】メキシコシティで味わった恐怖とは...

「海外旅行でワイファイは必要か?」

そう問われると、私は今まで「不要」と答えてきました

ですから、夫婦たびでは今まで一度も海外旅行でワイファイWi-Fiレンタルをしたことがありません。

なのですが、今回メキシコ・プエルトバジャルタPVR空港からメキシコシティへ国内線で移動したときに、メキシコシティ国際空港の無料ワイファイWi-Fiに接続することができず、ちょっとしたプチパニックに陥ってしまいました。

というのも、国際空港内で無料ワイファイWi-Fiにつなげられない事態が発生するとは、想定していませんでしたから。

で、ワイファイWi-Fiって海外の空港で繋がらないと本当にヤバイです、ANA搭乗手続きの場所やラウンジの位置など現地で何も検索できないのですから。

そんなときに私達夫婦を救ってくれたのが、auの『世界データ定額』サービス。

そこで、ここでは、メキシコシティで夫婦たびを救ってくれたau世界データ定額サービスと、『海外旅行でワイファイは必要か?』について個人的な意見を書いています。

夫婦たびで今まで海外旅行でワイファイWi-Fiレンタルをしていない理由

というのも、渡航先の国際空港ではラウンジを利用すればフリーワイファイWi-Fiをほぼほぼ使えますし、滞在先のホテルも今はほとんどが無料ワイファイWi-Fiを利用できることが多いので、必要性を感じなかったんです。

海外街ブラをするときも、googleマップをオフラインで使う方法を知ってからは、ほぼほぼお店までの移動で困ることがなくなりましたので。

【Googleマップオフライン機能を海外でWi-Fiなしで使う方法】コレで海外旅行は地図いらず!

ですから、わざわざ高いお金を払ってまで、「イモトのワイファイ」などを日本から借りていく必要性は、夫婦たびでは感じていませんでした。

でも…油断大敵ですね。

メキシコ・プエルトバジャルタ夫婦たびの帰国時に、私達夫婦はメキシコシティ国際空港のフリーワイファイWi-Fiに接続することができず、空港内で完全に迷子状態になってしまったんです。

というのも、メキシコシティ国際空港では空港フリーワイファイWi-Fi接続に、ちょっとしたコツが必要だったのです。

空港フリーワイファイWi-Fiにつながらないと、このような空港サインしかすがる手立てはなく…

夫婦たび管理人

初めて訪れる海外の空港で「日本語情報から遮断される恐怖」を初めて味わいました
スポンサードリンク

メキシコシティ国際空港で私達夫婦を救ってくれたau世界データ定額サービス

メキシコシティ国際空港の指示サイン

そんな、メキシコシティ国際空港で迷子となった私達夫婦を救ってくれたのが、auの『世界データ定額』です。

このアプリをスマホにダウンロードしておいたおかげで、私達夫婦は無事日本に帰国できたといっても過言ではありません。

それほど有難かった…

しかも、海外旅行先のメキシコシティで初めて使っても、全く問題なくサクサクッと使えたという便利さ。

そして、au STAR会員なら毎月1回分24時間分を無料で使うこともできるという有り難さ!

ということで、「au世界データ定額サービス」アプリを起動させ、メキシコシティ国際空港の様々な情報を集めることができました。

ちなみに、メキシコシティ国際空港で無料ワイファイWi-Fiを利用するためには、次のような操作方法をしなければならなかったのです。

ですが、このような情報すらワイファイWi-Fiに繋がっていないと検索できないのですから、やっぱり海外旅行先のネット接続って重要なんだなーって思いましたね。

au世界データ定額サービスアプリの使い方はとっても簡単

au世界データ定額サービスアプリau世界データ定額サービスアプリ

au世界データ定額サービスアプリ_海外での使い方1「海外での使い方」を見てみると

au世界データ定額サービスアプリ_海外での使い方2最初にスマホの設定変更から

au世界データ定額サービスアプリ_海外での使い方3ドキドキのモバイルデータ通信オン
本当に「勝手に通信」しないことを祈りつつ

au世界データ定額サービスアプリ_海外での使い方4データ通信量は一切発生しない
となっていますが念のためこのときだけはGoogleマップやLINE送信は閉じておくほうが良いでしょう

au世界データ定額サービスアプリ_海外での使い方5あとは利用開始をタップするだけ

au世界データ定額サービスアプリ_海外での使い方624時間自由に使えます

24時間後は自動で終了しますがデータローミングオンは自分で再設定が必要です

このようにしてau世界データ定額サービスのアプリを起動させれば、海外旅行先でGoogle検索もスグにできます。

しかも、au STAR会員なら毎月1回分24時間分を無料で使えますから、日あれば、緊急的な連絡はメールやLINEでできるでしょう。

このアプリのおかげで私達夫婦は、メキシコシティ国際空港のANA搭乗手続き窓口や、メキシコシティANAラウンジの場所などもサクッと検索することができたのです。

いやぁー…本当に有難かったです。

スポンサードリンク

au世界データ定額サービスの注意点

ただしau世界データ定額サービスを海外で利用する場合は、次のような設定を日本で済ませておかねばなりません。

  • 世界データ定額というアプリをダウンロードしておくこと
  • アプリの初期設定をしておくこと
  • アプリのデータチャージというサービスに加入すること

いずれも絶対条件ですが、アプリの初期設定とデータチャージは無料ですし、設定も簡単です。

あとは、海外でアプリを起動させるだけなのですが、一番気になるのは『スマホの設定画面でデータローミングをオンにする恐怖がつきまとう』ということと、

注意
24時間経過後は手動でデータローミングをオフにしなければパケ死する可能性は否めない

ということです。

たとえば、au世界データ定額サービスを利用してGoogleマップなどを利用したあと、24時間経過後は少なくとも『機内モード』にしておかないと、Googleマップにデータローミングがされてしまう可能性も否めない。

そう考えると「au世界データ定額サービス」は便利なんだけど、緊急的に使うのが一番良いという結論になります。

スポンサードリンク

海外旅行でワイファイは必要か?まとめ

ということで、auスマホユーザーの場合は、海外旅行先でワイファイがつながらないという緊急的な状況でも「au世界データ定額サービス」のアプリダウンロードと設定をしておけば、危機的状況は回避できることを体験しました。

なので、滞在ホテルで無料ワイファイWi-Fiがない場合などを除けば、海外旅行でワイファイは特に必要ないと私は思います。

ですが、auスマホユーザーでない場合や、海外旅行で安心してワイファイWi-Fiを常に楽しみたいとか、家族複数でワイファイWi-Fiを海外利用することが多いのなら、レンタルワイファイWi-Fiを持参するほうが良いかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です