【カムイの湯ラビスタ阿寒川 旅行記】客室露天風呂と食事をコタンの森の川音と楽しむ

夫婦たび管理人の私は十勝出身ですので、北海道の阿寒湖や摩周湖というと『両親とよく行ったキャンプ地』というイメージが強いのですが、一般的には湖観光とともに温泉ですよね。

そんな阿寒湖周辺に、私の大好きなラビスタシリーズの新ホテル『カムイの湯ラビスタ阿寒川』が新築オープンするということで、さっそくプレオープン宿泊をしてみました。

阿寒湖周辺で30年ぶりの新築温泉ホテルがオープン!

2015年9月15日、新しいラビスタが阿寒にグランドオープン!

というお知らせを聞いて、私は、

夫婦たび管理人

ほほうっ、鶴雅グループが一人勝ちしている阿寒湖温泉街に新しくラビスタが進出ですか…

って思ったのですが、違ってました。

阿寒湖湖畔の温泉とはちょっと場所が違っていて、温泉街から釧路に向かう国道分岐路のスグそば、阿寒川のほとりに新築されたんです。

ちなみに、阿寒湖温泉での新築ホテルOPENは、実に30年ぶりとのこと。

買収等による既存施設のリフォーム開業ではなくって、純粋な設計施工の新築温泉ホテルということですから...

最新式の設備や設計による新ラビスタって、これはちょっと興味湧きますよね?

と、思っていた矢先に吉報が!

私達夫婦は2013年11月にラビスタ大雪山に宿泊していたご縁からか、メールでラビスタ阿寒川プレオープン宿泊のお知らせが来たんです。

通常金額よりは約3割ほどお安く泊まれる特別企画なのですが、今どきデザインの温泉ホテルをグランドオープン前に堪能できる機会というのも貴重であろうと。

ということで今回は、夫婦でプレオープン宿泊してきた「カムイの湯ラビスタ阿寒川」をまとめました。

スポンサードリンク

阿寒湖周辺の新ホテル|カムイの湯ラビスタ阿寒川への行き方

カムイの湯ラビスタ阿寒川
〒085-0000 北海道釧路市阿寒町オクルシュベ3−1
hotespa.net
0154-67-5566

カムイの湯ラビスタ阿寒川の住所は「北海道 釧路市阿寒町字オクルシュベ3-1」なのですが、私の愛車のカーナビは4年モノなので住所検索できませんでした、残念。

なので、カーナビ設定は「阿寒湖温泉街中心部」として札幌から向かい、高速道路道東道を使って足寄町で降ります。

札幌~足寄町が約2.5時間くらいで、足寄町から阿寒湖畔までは約1時間。

つまり、札幌からだと4時間未満の高速ドライブで着いちゃいますから、意外と近いです。

阿寒湖畔ということで予想よりも早く阿寒に着いちゃったので

阿寒湖畔看板小学生のころの家族キャンプ以来の阿寒湖畔めぐり

阿寒湖畔近くの双湖台近くの双湖台まで行ってみたりして

なお、阿寒湖温泉街中心部からラビスタ阿寒川に行ってみると次のような感じでした。

カムイの湯ラビスタ阿寒川_線地図阿寒湖畔から5kmほど釧路方面へ
240号線と241号線の分岐にある信号を240号線側へ

カムイの湯ラビスタ阿寒川_240号線から見える看板するとスグにラビスタ阿寒川の看板が見えてきます

なお、ラビスタ阿寒川のホテル近辺には、全くお店がありません

ですので、ビールやおつまみなどを持ち込みしたいのなら、阿寒湖畔にあるセブン-イレブンで事前にお買い物しておくのが良いです。

ホテルのスグ横を流れる阿寒川は阿寒湖に通じていて、見ただけでも絶好のフライフィッシングポイントって感じの景観の良さです。

カムイの湯ラビスタ阿寒川のロケーションとチェックイン

現地に到着して感じたラビスタ阿寒川のロケーションについては...

正直言って

夫婦たび管理人

えっ、こんなところに新築で温泉宿建てて大丈夫なの?

と思ってしまうほど、周辺には何もないところ。

山奥ではありませんが、かなりの田舎というか北海道の大自然しかない。

でも、そんなロケーションこそが、ラビスタ阿寒川の集客ポイントなんでしょうね、きっと。

カムイの湯ラビスタ阿寒川_道路入り口何もない240号国道沿いから阿寒川のほとりに向かって緩やかに下ってゆく感じ

カムイの湯ラビスタ阿寒川_エントランスホールそうするとラビスタ阿寒川のエントランスホールが見えてきます
出来たてホヤホヤ感満載です

カムイの湯ラビスタ阿寒川_エントランスエントランスからステキなオブジェがありロビーに向かいます

カムイの湯ラビスタ阿寒川_ロビーエントランスを抜けると別空間のように開放感のあるロビー
トンネルをくぐり抜けたときのような感じです

カムイの湯ラビスタ阿寒川_ロビーにいた守り神カムイの湯ラビスタ阿寒川のフロントにいた守り神(?)

カムイの湯ラビスタ阿寒川_阿寒川の辺りに立つカムイの湯ラビスタ阿寒川は本当に阿寒川のほとりの何もないところに立っています

そして、カムイの湯ラビスタ阿寒川、日が落ちた夜はまた別の顔を見せてくれます。

カムイの湯ラビスタ阿寒川_夜のエントランスエントランスは夜とともに洒落た感じになり

カムイの湯ラビスタ阿寒川_ロビー夜のオブジェなんだか別空間に来たような感じすらします

カムイの湯ラビスタ阿寒川_夜のロビー1ロビーのウッディな感じが落ち着いてイイです

カムイの湯ラビスタ阿寒川_夜のロビー2新築だからかデザインもめっちゃイイ

カムイの湯ラビスタ阿寒川は山の中のホテルですから、本当に夜が静か。

阿寒川の流れもそれほど激しくはないので、心地良い川音のせせらぎが館内全体に静かに響いているような感じです。

夫婦たび管理人

カムイの湯ラビスタ阿寒川、さすがの新築&ナイスデザインです!

ラビスタ阿寒川 森側の造りとお部屋まで

ラビスタ阿寒川見取り図ラビスタ阿寒川
全体の造りはこんな感じ

1階ロビーを中心に、右側が【MORI no SHOU(森の章)】、左側が【KAWA no SHOU(川の章)】という館内構成になっていて、大浴場や食事処はB1Fに配置されています。

とはいえ、MORI no SHOUとKAWA no SHOUは川側だとほぼ景観は一緒で、客室の作りが若干違うだけのようです。

ちなみに、夫婦たびで宿泊したのは、1階の左側「KAWA no SHOU」客室露天風呂付きの阿寒川と森を見渡すお部屋です。

カムイの湯ラビスタ阿寒川_客室廊下カムイの湯ラビスタ阿寒川 客室廊下
イイ感じの高級感ただよう廊下ですね

カムイの湯ラビスタ阿寒川_客室入り口カムイの湯ラビスタ阿寒川 客室入り口
オートロックではなく宿泊人数分のカギが渡されました

スポンサードリンク

ラビスタ阿寒川 1階KAWA no SHOU客室露天風呂付きにイン

カムイの湯ラビスタ阿寒川_客室入り口前室カムイの湯ラビスタ阿寒川 1階客室KAWA no SHOU入り口前室
いわゆる玄関間みたいな感じでお部屋との間に仕切り戸があります

カムイの湯ラビスタ阿寒川_客室入り口下駄箱下駄箱には館内を歩いてOKのスリッパがあり
いよいよ森側のお部屋に入ります

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_全景ラビスタ阿寒川 森側の客室に入るといきなりこんな感じ
おおおっ、めっちゃ眺めがイイ!

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_ベッドスペースお部屋に入って右側(入口側)にベッド
左側が上のリビングスペース

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_ピクチャーウインドウラビスタ阿寒川森側のお部屋はいわゆるピクチャーウインドウですね
自然の風景が一枚の絵になっているような感じでぼぉーっとしながら景色を楽しめるようベンチつき

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_シャワー洗い場付きの客室露天風呂ピクチャーウインドウの横にはシャワー洗い場付きの客室露天風呂があります

窓で仕切られてはいますが、上下スライド式でオープンにすることができますから、まあ客室露天風呂ということですね。

ちなみに、温泉の湯は張られておらず、ヒノキの浴槽がカラッカラになっていました、なんでだろう?

お部屋の洗面スペースアメニティと客室露天風呂

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_洗面スペース客室露天風呂の入り口が洗面スペースになっています

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_洗面ボウル洗面ボウルはおしゃれな焼き物の鉢でできています

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_洗面アメニティグッズ必要なアメニティグッズがすべて揃っていてドライヤーや綿棒、シャワーキャップなども完備

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_トイレ洗面スペースの左側がトイレ、シャワートイレ付きで広々

ちなみに、リビングスペースから見えた客室露天風呂って、最初はお湯が張ってありませんでしたよね。

一瞬なんでだろう~???と思ったのですが、

お風呂に入りたくなったときにボタンを押して温泉を張ってください

という即湯張りシステムでした。

そして、お湯がヌルくなってきたら足し湯システムもあり、しばらく入らないのだったら、一度抜いて、また入りたい時に温泉をその都度張って入ってくださいという贅沢な使い方をしてイイという最新式。

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_客室露天風呂の温泉成分表客室露天風呂の温泉成分表
なお客室は源泉かけ流しではないとのこと

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_客室露天風呂の温泉張り中さっそくお湯張りボタンを押すと10分もかからないうちに温泉客室露天風呂完成

ラビスタ阿寒川森側お部屋の温泉露天風呂は小さいといえば小さいですが、窓も上に開くので外の阿寒川と森の景色を味わえるので露天風呂気分満載。

むしろ、森が近いので速攻で虫たちが集まってきそうですから、私は窓付きのほうが大正解かなと思いました。

洗い場にはシャワーもついているので、大浴場に行かなくても温泉を楽しめますし。

お部屋備品やクローゼットまとめ

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_TVボード液晶テレビやDVDも完備されラビスタオリジナルコーヒー豆を挽くミルもあります

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_コーヒーメーカーと茶器テレビボードの下にはコーヒーメーカーと茶器

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_アイスペールやグラス
日本茶セットアイスペールやグラス、日本茶セットなどもあります

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_空気清浄機とバスタオルハンガー空気清浄機、そして大型のバスタオルハンガーは使い勝手ヨシです

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_冷蔵庫お部屋冷蔵庫は小型ですが十分でしょう
水2本とサイダー2本は無料プレゼントです

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_ミニダイニングテレビボード横にオシャンティなミニダイニング
レギュラーコーヒーを注ぎやすい湯沸かしポットもあります

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_クローゼットクローゼットはこんな感じで大浴場に行く用のタオルセットが準備されています

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_お部屋入浴洋のタオルセットや
ラビスタおなじみの部屋着お部屋入浴洋のタオルセットやラビスタおなじみの部屋着も完備

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_部屋案内図ラビスタ阿寒川森側のお部屋はまとめるとこんな配置です

夜は光の森に癒やされる…

さてこの日、私達夫婦の夕食が終了したのはPM8時半頃と、かなりノンビリと美味しいお食事を楽しませていただきました。

そして、お部屋に戻ると、めっちゃ素敵な光景がっ!

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_夜景1お部屋の窓越しに見える森の樹々がライトアップされていました!

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_夜景2思わず夫婦で「うわぁぁぁ~」と声を出すほど美しかったです

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_夜景3ライトアップを窓際のベンチから眺めそしてボォーっとしてしまいました

カムイの湯ラビスタ阿寒川森側の部屋_夜景4持っていったアロマキャンドル大活躍
部屋の明かりをつけずに夫婦の会話を楽しみつつぼぉーっと景色を楽しみながらお酒を飲んでました

夫婦たび管理人

ラビスタ阿寒川森側のお部屋の良さがこのときわかりました
スポンサードリンク

ラビスタ阿寒川の大浴場に行ってみた

北海道の温泉ラビスタ阿寒川_館内インフォメーションカムイの湯ラビスタ阿寒川インフォメーション
大浴場やレストランはB1Fです

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_入り口大浴場の入り口発見
一番奥に見えるのはレストラン ワッカピリカの入り口です

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯 脱衣場カムイの湯ラビスタ阿寒川 男湯 脱衣場

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯 洗面スペースカムイの湯ラビスタ阿寒川 男湯の洗面スペース

ラビスタ阿寒川の男湯大浴場で天然温泉を堪能してみた

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯入り口全裸になってタオル一丁で男湯へ出撃!
私が入った午後4時頃はちょうど人がいなくなったので失礼して写真を撮ってみました

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯内風呂カムイの湯ラビスタ阿寒川 男湯 内風呂
大浴場の内風呂は落ち着く風合い
温泉の色も薄い茶褐色というか、やや黄色という感じです

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯サウナと水風呂露天風呂に向かうところに小さめのサウナと水風呂があります

ラビスタ阿寒川の天然温泉露天風呂に癒やされる

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯露天風呂1カムイの湯ラビスタ阿寒川 男湯 露天風呂
阿寒川のほとりですね
川が増水したらどうするんだろう…というほど川に近いです

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯露天風呂2なぜか樽風呂なんてのもあり

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_男湯露天風呂3入浴した目線から見る阿寒の森…
森に癒やされながら天然温泉露天風呂に入れます

目でカムイの森の新緑を眺めつつ、耳に阿寒川のせせらぎ音と森の声を聞き、カラダで阿寒の天然温泉の温かさと成分に包まれるという...

夫婦たび案内人

うぅぅ、これはもう至高の癒やしですww

ラビスタ阿寒川大浴場で癒やされたあとは

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_お水飲み場大浴場でたっぷりと汗をかいたあとは水分補給と

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_無料アイスキャンデー無料の北海道ミルクアイスキャンデー

北海道の温泉ラビスタ阿寒川天然温泉大浴場_貸し切り風呂入り口このほかラビスタ阿寒川には貸切風呂も3つあって誰も入っていなければ自由に使えるシステム

なのですが、それぞれの入り口ランプがついていたら『使用中』です。

予約制ではなく、完全早いもの勝ちのようなんですが、貸切風呂はいつも利用されていて、宿泊中一回も入ることができませんでした。泣

北海道の温泉ラビスタ阿寒川_阿寒川ほとりのウッドデッキお風呂上がりにアイスキャンデー片手に阿寒川ほとりで涼むのもまた良し

夫婦たび管理人

お風呂のあとは、いよいよ待望のラビスタ阿寒川夕食です!

カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食|レストラン「ワッカピリカ」

カムイの湯ラビスタ阿寒川_チェックイン時にいただいたお知らせ裏面カムイの湯ラビスタ阿寒川チェックイン時にいただいたお知らせ
レストランワッカピリカはB1F奥にあります

ラビスタ阿寒川の夕食時間は2部制で、

  • 1部は18:00から
  • 2部は20:00から

となっていて、チェックイン時に希望を確認されます。

カムイの湯ラビスタ阿寒川_チェックイン時にいただいたお知らせ表面ウチらは18時から夕食にしました

カムイの湯ラビスタ阿寒川_B1F案内板カムイの湯ラビスタ阿寒川B1F案内板

カムイの湯ラビスタ阿寒川_レストラン「ワッカピリカ」入り口左奥にあるのがカムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食会場
レストラン「ワッカピリカ」入り口

カムイの湯ラビスタ阿寒川_レストラン「ワッカピリカ」の中1カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食会場レストラン「ワッカピリカ」の中へ
18時だとまだ外は明るいです

カムイの湯ラビスタ阿寒川_レストラン「ワッカピリカ」の中2レストラン「ワッカピリカ」は大浴場同様に阿寒川の流れを楽しめます

カムイの湯ラビスタ阿寒川_レストラン「ワッカピリカ」の中3カウンター席とテーブル席と個室がありました

カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食|お献立

カムイの湯ラビスタ阿寒川_レストラン「ワッカピリカ」の夕食お献立カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食
本日のお献立
和食ベースで北海道素材がメインのお料理ですね

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_最初のセットこのようなセットからスタート

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_前菜前菜は目で楽しむことができます
うーん、コレだと最初っから日本酒ですかねぇ

カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食|ドリンクメニュー

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_ドリンクメニュー1生ビールも瓶ビールもありますが300mlだったり小瓶だったりと物足りず…
焼酎は北海道モノが揃っています

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_ドリンクメニュー2日本酒も北海道推し
ワインも北海道推しですね

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_ドリンクメニュー3ノンアルコールもありますがなかなかパンチの効いた価格
ドリンクは安いに越したことはないんですが
まあ私は日本酒、奥様は白ワイングラスでスタート

カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食|イザ実食!

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_きんき潮仕立てきんき潮仕立て
オホーツク海の恵みですね

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_天然ヒラメのお造り天然ヒラメのお造り
器もキレイです

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_秋シャケのルイベ秋シャケのルイベ
ルイベは凍らせて殺菌した鮭のお刺身
北海道ではポピュラーな名物ですがいくら黄味おろしとはオツな組み合わせです

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_コタン鍋具材コタン鍋の具材
ブイヤベース仕立ての魚介鍋
カムイの湯ラビスタ阿寒川オリジナル鍋ですね

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_コタン鍋お肉ではないのでスッキリと仕上がった北海道オホーツク海魚介の旨味がタップリのお鍋

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_コタン鍋とりわけ魚介ダシが贅沢すぎますぅ

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_十勝牛ローストビーフローストビーフは十勝牛
これまた北海道名物の「山わさび」を薬味にいただきます

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_北海タラバのライスペーパー巻き北海タラバのライスペーパー巻きと玉ねぎと枝豆のかき揚げ

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_くるみ豆腐くるみ豆腐も濃厚なお味です

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_ほっき貝のライスカレーご飯は3種類から選べるのですが…
男は黙ってカレー
ほっき貝のライスカレーはルーの色がライスカレーっぽいです

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_黒米入の栗ごはん奥様は黒米入の栗ごはん
もう一つの選択は「蕎麦」でした

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の夕食_水菓子と甘味水菓子のブドウシャーベットと甘味のトウコロコシムース

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」の間仕切りちなみに私達夫婦が夕食を楽しんだテーブル席はこのような仕切りでオシャレに間仕切られています

カムイの湯ラビスタ阿寒川レストラン「ワッカピリカ」のドリンクお会計お料理が美味しかったので夫婦で飲みまくりでした

カムイの湯ラビスタ阿寒川の夕食感想は...

カムイの湯ラビスタ阿寒川のレストラン「ワッカピリカ」での夕食、とても美味しいと思います(キッパリ)

北海道の海の幸山の幸を充分楽しめるお膳だと思いますし、どのお料理も美味しかった。

ですが、完全に「大人向け」の上品なお料理ですから、ビュッフェなどでの好きなもの食べ放題を期待するのとは違いますね。

夫婦たび管理人

個人的にはラビスタ大雪山の「狩人焼き」のほうが好きです私

カムイの湯ラビスタ阿寒川|夕食のあとは名物の夜食で…

ラビスタ名物の夜食シリーズ夜鳴きそば、カムイの湯ラビスタ阿寒川は「集い処ウタル」にて夜10時30分から11時30分までの無料サービスです。

ちなみに、夕食を20時スタートにしていると、その前に「おしのぎ」という「じゃがバター」が食べられるサービスもあるようです。

カムイの湯ラビスタ阿寒川_集い処ウタルカムイの湯ラビスタ阿寒川
「集い処ウタル」

カムイの湯ラビスタ阿寒川_夜鳴きそばラビスタ名物夜鳴きそばはちょっと小ぶりの昔風醤油ラーメンです

カムイの湯ラビスタ阿寒川_お部屋の夜景お腹がいっぱいになったらお部屋で夜の静寂を全身で感じます

夫婦たび管理人

夫婦で北海道の大自然を体感できる夜になりました

ラビスタ阿寒川の朝食

カムイの湯ラビスタ阿寒川の朝食は、夕食と同じB1Fレストラン「ワッカピリカ」にていただきます。

和食膳と洋食膳の2種類から選ぶことができ、阿寒の森と川の清々しい景観を眺めながら朝食を楽しむことができるのですが…

夫婦たび管理人

朝食って温泉宿の印象として最後まで残っちゃうんですよね

ラビスタ阿寒川朝食会場レストランワッカピリカ_窓際の景色1朝の阿寒の森と阿寒川の景観

ラビスタ阿寒川朝食会場レストランワッカピリカ_窓際の景色2朝の森の風景って心がやすらぎます
ですので森と川を愛でながら朝食をいただきます
ロケーションはとってもステキ

ラビスタ阿寒川の朝食_フレッシュジュース朝食前のフレッシュジュース
確か山葡萄だったと思います
他にもしぼりたての別海町牛乳などもありました

ラビスタ阿寒川の朝食_和食膳私は和食膳をオーダーし

ラビスタ阿寒川の朝食_洋食膳奥様は洋食膳を選びましたが…

写真で見るとラビスタ阿寒川の朝食和食膳と洋食膳、どちらも美味しそうなんですよ。

そして、実際にお味も悪くなく、美味しくいただけます。

なんですが、どうも感動しないんですね。

最初っから準備されていた卓上コンロの固形燃料には火もつけられなかったですし、コレはいったい何なんだと思ってしまったりして。

ラビスタ阿寒川の朝食で私が感じたこと

私がラビスタ阿寒川の朝食で感じたことは、次の3つです。

  1. 「おしながき」がない
  2. 接客係からも気の利いた説明がない
  3. おかわりしても良いものかすら何もわからない

つまり、給食のように朝食を出されたので、何を食べてもありがたみが伝わってこないんです。

きっと、和食のお魚とか玉子なども地元産の良いものを選んでいることでしょう。

洋食も温かい卵料理を持ってきてくれますし、野菜も新鮮ですし、パンも焼きたてっぽいのでかなり気を使っているのでしょう。

見た目もキレイに盛りつけされていますしね。

でもですね、そんな「有り難いお知らせ」が一切ないので、すべてが普通に感じてしまうという残念さ。

たとえば、ラビスタ大雪山ですと朝食はビュッフェスタイルで、選ぶお皿のお品書きプレートに「北海道産◯◯」といった書き方でお知らせがあります。

たったそれだけなんですが、

「おおおっ、北海道産の新鮮な◯◯が朝から食べ放題!? コレは凄いねー」

ってなるんですよね。

そして

夫婦たび管理人

ラビス大雪山の朝食は、夕食よりも良かったけどメッチャいい!!

って宿自体の良い印象につながるんですよね。

そんな朝食で宿泊側が期待している感動が薄かった…

というのがラビスタ阿寒川の朝食で私が正直に感じたことです。

確かに朝ご飯の印象は大事よね

ウチの奥様

ラビスタ阿寒川の朝食後は

ラビスタ阿寒川の朝食_コーヒーラビスタコーヒー

ラビスタ阿寒川の朝食_紅茶奥様は紅茶をいただき
朝食会場をあとにしました

ラビスタ阿寒川_ロビーの朝景色ラビスタ阿寒川ロビーの朝景色もイイですね

ラビスタ阿寒川_ロビーラウンジから森の景色爽やかな風が流れています

ラビスタ阿寒川_お部屋の朝景色1もちろんお部屋の景色もステキ

ラビスタ阿寒川_お部屋の朝景色2今日もいい天気でなにより

ラビスタ阿寒川宿泊記まとめ

ということで、ラビスタシリーズ最新のお宿「カムイの湯ラビスタ阿寒川」の貴重なプレオープン宿泊を夫婦たびさせていただきました。

ラビスタ阿寒川宿泊記まとめとしては

  • カムイの湯ラビスタ阿寒川のロケーションは抜群に良い
  • カムイの湯ラビスタ阿寒川の施設は最新でとてもデザインが良く心地よい
  • カムイの湯ラビスタ阿寒川の料理、夕食はまずますだけど朝食は大幅改善の余地あり

という感じです。

『もう一度カムイの湯ラビスタ阿寒川に行きたい?』と聞かれたら、

「宿のデザインや設備はステキだけど、食事がイマイチ盛り上がらないので、別の温泉宿と比較して価格で悩むだろうなー」

というのが正直な感想。

夫婦たび案内人

個人的にはラビスタ阿寒川とラビスタ大雪山だったら、コストパフォマンス的にラビスタ大雪山に軍配を上げますね

【海の別邸 ふる川 宿泊記】太平洋を望む露天風呂とキンキの煮付けと朝日が最高!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です