【インターコンチネンタルパタヤリゾート宿泊記】⑤朝食ビュッフェを食べた感想まとめ

2019年の夫婦たび、タイ初のパタヤビーチ旅行で宿泊先に選んだのはインターコンチネンタルパタヤリゾート。

そこで、ここでは、インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食ビュッフェを食べた感想をまとめました。

インターコンチネンタルパタヤリゾートの宿泊に朝食がセットされていなかった件

まあ手違いというか、私の勘違いというか、

  • DreamTripsで予約したインターコンチネンタルパタヤリゾート宿泊は朝食付きではなかった

で、朝食を別途オプションでホテルにこの日から申し込みすると、一人1日660バーツ(約¥2,300円)になるという話。

う~ん…

夫婦たび的には、もうかなり勝手知ったるタイランド。

そんなタイで、夫婦二人で、毎朝朝食に¥4,600円かけるのってどうよっ?

街に出て食堂で食べれば、カオマンガイとかなら二人で200バーツもあれば充分なのに。

とはいえ、ネットでの事前調査によると、

  • インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食はけっこう美味しくて、しかもマンゴー食べ放題!(らしい)

というヨダレ出まくりの情報もあったので、非常~ぅに迷いました。

そして出した結論が、

  • 1日だけオプションで朝食を現地でつけてみて、本当に美味しかったら滞在中にまた食べる

という普通の答えでした。笑

スポンサードリンク

インターコンチネンタルパタヤリゾートのチェックイン時に朝食を1日だけオーダーしてみた

ということで、インターコンチネンタルパタヤリゾートのチェックイン時に朝食を1日だけオーダーしてみたのです。

つたない英語とゼスチャーでなんとか「1日だけ朝食食べたい」と伝えまして。

するとすんなりOK。

ただ、別のオファーも英語で受けまして

  • 「只今ホテルからのスペシャルオファーで、毎日朝食を付けるのであれば1日1人480バーツ(¥1,678円)(たしか)にできます!

インターコンチネンタルパタヤリゾートの宿泊は4泊ですから、

480バーツ × 2人 × 4日 = 3,840バーツ(¥13,427円)

とのことでしたが、やっぱりなんかタイなのに朝食だけで万超えは割高に感じましたので、当初の予定どおり1日だけ朝食(1人660バーツ)をつけてみることにしました。

ちなみに、現地でこんな英会話のやり取りをすると、必ず海外旅行から帰ってくるたびに「やっぱ英語勉強してから旅行しなきゃな~」って思うんですよね。

スタディサプリEnglishは中高年の英会話初心者やり直し勉強に最適だった件

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食会場はコウだった

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_朝食会場入口インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食会場
ロビーから1フロア降りたB1F
リゾート全体を見渡せる眺めの良いところにあります

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_朝食会場インサイドはこんな感じで

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_コーヒーサービスまずは席に案内されコーヒーからスタート
ちなみにこの日は風があったのでアウトサイドは見送りました

スポンサードリンク

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食ビュッフェメニューはコウだった

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理1ザッと見ても朝食のビュッフェメニューは豊富そう

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理2タイ名物作りたて麺コーナーもあり

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理3卵料理コーナーもあり

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理4アジアンな雰囲気バツグンで

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理5シュウマイ的なやつや肉まん的なやつもあり

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理6朝食ビュッフェっぽいタイ定番のお料理もたくさんあり

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理7タイなのでタイ米もあり

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理8パンとかも種類豊富
と、外の景色を見てアウトサイドでも良かったかな?と思ったけどもう遅し…

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理9シリアルとかも種類がたくさんあって

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理10搾りたてフレッシュジュースも充実

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理11新鮮お野菜やドレッシングも豊富
海苔巻きといった日本食もあったりして

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_会場のお料理_期待していたフルーツコーナー奥さま待望のフルーツコーナー
なのにマンゴー食べ放題がナイという悲劇…
なんということでしょう!

スポンサードリンク

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食、イザ実食!と感想まとめ

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_実食1麺料理奥さまは麺をメインにして

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_実食プレート1あとはお野菜などを

インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食_実食プレート2私は定番の炭水化物セット笑

さて、そんなこんなでインターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食ビュッフェを試し食べしてみたのですが、夫婦たび的な感想を正直にいうと

  1. ホテルのビュッフェ朝食メニューとしては超普通で、とびきり美味しいモノがあるワケではない
  2. マンゴー食べ放題ではない(この日だけかもしれないけど)
  3. この内容で一人1日660バーツ(約¥2,300円)は高いんじゃね?

という感じでした。

ちょっとキビシイ感想かもしれませんが、インターコンチネンタルパタヤリゾートの朝食ビュッフェ、私達夫婦にはめっちゃ期待はずれ…

というのも、到着日夜に食べたルームサービスと、翌日プールで食べたランチが、今までの海外ホテルで最高に美味しかったので、朝食にも多いに期待しすきてしまったという。

また、私達夫婦は今回インターコンチネンタルパタヤリゾートは朝食付きではないことから、事前に日本から朝食対策メニューを準備していったんです。

その対策が、ものの見事にバッチリはまり、海外でのホテル朝食はむしろ今後コレでイイんじゃね?くらいに思ったということもあり。

海外旅行の日本食携帯におすすめ!カップ麺よりかさばらない超美味な逸品はコレ!

そうなっちゃうと、朝食ビュッフェに夫婦で毎日4,600円をかけるのは、タイでは惜しすぎる出費と実感した次第です。

夫婦たび管理人

タイは安いお金で美味しい料理たくさん食べられますから!

そして、私達夫婦は今回のインターコンチネンタルパタヤリゾートは朝食ナシの予約プランのために、日本から『ある対策』をしてきたのです。

【海外旅行の日本食携帯】カップ麺よりオススメ かさばらない超美味な逸品はコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です