【マルタ市内バス観光】Hop On Hop Off バスのチケット売り場とコース情報まとめ

マルタ島夫婦たび、この日はマルタの観光地を巡回する観光専用バス「City Sightseeing Malta Hop-on Hop-off」を使って自力観光してみることに。

マルタの観光専用バスHop On Hop Off Busは、オープントップバスで1DAYチケット大人20ユーロを購入すれば観光名所近くにある停留所から自由に乗り降りができます。

そして、バスの座席には日本語オーディオガイドがついていて、乗車時に配布されるイヤホンで日本語の観光ガイドをチョイチョイ聞きながら行けるという素晴らしさ。

これならば、オプショナルツアーでなくても、マルタ島の観光スポットを夫婦だけでリーズナブルに回れるだろうと思いました。

ここではそんな、マルタの観光地を巡る乗り降り自由のオープントップバスHop On Hop Off Busについて書いています。

マルタ島の観光スポットをオープントップバスで巡るHop On Hop Off Busのチケット売り場は?

夫婦たびでもHop On Hop Off Busについてガイドブックやネット情報を事前に調べたのですが、

  • Hop On Hop Off Busのチケット売り場は「スリーマ」の港にある(しかない?)

という情報しか収集できなかったので、「他では売っていないのかなー?」と思いつつも、路線バスで「スリーマ」に向かうことに。

スポンサードリンク

まずはホテル前のバス停から路線バスでスリーマへ

ウエスティンドラゴラーナホテル前にあるバス停ウエスティンドラゴラーナホテル前にあるバス停
14番のバスで市内観光バスのチケット売り場があるスリーマのフェリー乗り場へ

ウエスティンドラゴラーナホテル前にあるバス停時刻表路線バスはめっちゃ本数走ってます

路線バスチケットバスの前側ドアから乗って運転手さんに2ユーロ払います
ちなみにこのチケットがあればバス2時間乗り降り自由です

路線バス_車内の様子普通の路線バスなので、降りたい停留所ではブザーを押さないと止まってくれません

路線バス_スリーマのフェリー乗り場4スリーマのフェリー乗り場4に到着

スリーマのハーバーちなみにスリーマのハーバーはこんな感じの港町でした

マルタ島の観光スポットをオープントップバスで巡るHop On Hop Off Busのチケット購入

マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop-on Hop-off busチケット売り場マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop-on Hop-off busチケット売り場発見!

マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop-on Hop-off busチケット売り場のお姉さんきれいなお姉さんから乗車チケットを買いまして

マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop-on Hop-off bus_乗車チケット大人2人分のチケットはピラピラの紙、無くすと乗り降りできないヤツです

スポンサードリンク

マルタ島の観光スポットをオープントップバスで巡るHop On Hop Off Busのパンフレット

現地でもらったHop On Hop Off Busのパンフレット現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット表紙

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_NORTH ROUTEマルタ島の北側をめぐるNORTH ROUTE
決まった方向で巡回するようですから逆周りしたくてもできません

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_NORTH ROUTE時刻表30分毎にグルグルと巡回しています

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_SOUTH ROUTEマルタ島の南側をめぐるSOUTH ROUTE
夫婦たびのお目当てはコレでした

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_SOUTH ROUTE時刻表こちらも30分毎にグルグルと1方向巡回します

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_Gozo島Sightseeing Malta Hop On Hop Off Bus案内パンフレットを見るとゴゾ島観光でも使えそう

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_夜の観光バス案内夜の観光バスもあるようです

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_マルタ島とゴゾ島のHop On Hop Off Busルートマップマルタ島とゴゾ島のHop On Hop Off Bus全ルートマップ

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_オプショナルツアーHop On Hop Off Busではバスの他にもオプショナルツアーや

現地でもらったマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Busのパンフレット_チャータータクシーサービスもあります

スポンサードリンク

Hop On Hop Off Busのチケット購入方法がわかった!スリーマ以外でも買える秘密

実はあとになってから気がついたのですが、

  • Hop On Hop Off Busの当日チケットは、止まっているバスの運転手さんから直接購入できる
  • 大きな停留所(ウエスティンドラゴラーナのゲート、スピノーラベイ)にはHop On Hop Off Busのポロシャツを着た人がいて、当日チケットを売っている

ですから、スリーマ以外の場所でHop On Hop Off Busのチケットを購入したいときは、Hop On Hop Off Busの運転手さんやバス停にいるHop On Hop Off Busのポロシャツを着た人に身振り手振りで「チケット売って!」と話しかければ、前出の紙チケットを発行してくれます。

マルタ観光スポットをオープントップバスで巡るHop On Hop Off Busに乗ってみた

マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Bus_車両外観こんな感じにカラーリングされたオープントップバスでマルタ島内を巡ります

マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Bus_オープントップ座席からの眺めマルタの日差しはけっこうキツイので、オープントップには最初の1駅ぶんしかいられませんでした

マルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop On Hop Off Bus_座席の日本語ガイド各座席にはこのように日本語ガイドが選べる装置がついていますが、ほぼほぼショボくてあまり役に立ちません

マルタ島のHop On Hop Off Bus、北ルートと南ルートの乗り換えは1ヶ所のみ

マルタ島のHop On Hop Off Busの注意点、それは

  • 北ルートと南ルートの乗り換えは、ヴァレッタウォーターフロントのみ Valletta Waterfront Terminus(Change South Route)

前出のパンフレットの青いほうの北ルートだと20番、赤いほうの南ルートだと1番のみです。

ヴァレッタウォーターフロントHop On Hop Off Bus北ルートと南ルートの乗り換えポイントのヴァレッタウォーターフロント

ヴァレッタウォーターフロントの低いトンネルみたいな建物1
一度通り過ぎてからこんな低いトンネルみたいな建物を

ヴァレッタウォーターフロントの低いトンネルみたいな建物2ロータリーを使って2回くぐり

ヴァレッタウォーターフロント乗り場ノースルートに乗り換えするときはここで待てと強引に降ろされ20分ほど乗り継ぎ待ちさせられます

【vlog】マルタ観光スポットをオープントップバス乗り降り自由Hop On Hop Off Busに乗ってみた

この日、夫婦たびで回ったマルタ島観光コースは、オプショナルツアーに申し込めばチャータータクシーで優雅に回れますが、1人1日100ユーロはかかります。

一方、自力でマルタの市内観光バスCity Sightseeing Malta Hop-on Hop-offで回れば1人1日20ユーロで、マルタ島の隅々まで観光スポットを回ることができます。

ただし、順路はすべて一方通行のみなので、観光ルートを回るコースは事前にプランニングしておく必要はあります。

バスの本数が多いので、特に待ち時間でダレることもなく快適に観光できました

奥さま

【マルタ市内バス観光】マルタ青の洞門、タルシーン神殿、ハジャー・イム神殿、マルサシュロックに行ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です