【バンコク ラリンジンダウェルネススパ】ホテルスパからタイ空港ラウンジへ

今回のバンコクで滞在したホテルのグランデセンターポイントチットロムは、レイトチェックアウト18時対応が可能でした。

夫婦たび管理人

レイトチェックアウト18時対応って、バンコク発深夜便のフライトの時はとても便利なんです

通常のホテルは12時チェックアウトですから、それから深夜便で出発する場合はチェックアウト後に観光したり食事したりになります。

でも、レイトチェックアウトだと荷造りもギリギリでいいですし、観光してかいた汗をシャワーで流すこともできます。

ということで、今回のバンコク1泊ホテルはグランドセンターポイントプルンチットを選んだんですが、実はこのホテルの最上階には、タイでも有名なスパが入っていたんです。

そこで、チェックアウトと旅行会社の空港ピックアップ時間の余白時間を利用して、グランドセンターポイントプルンチット最上階のラリンジンダウェルネススパバンコクを体験してみることにしました。

ラリンジンダウェルネススパバンコクRarinJinda Wellness Spaに行ってみた

ラリンジンダウェルネススパバンコク店の予約に行ったのは当日の朝、AM10時のオープンに合わせて行ったのですが、すでに当日だと夕方まで予約満載。

「あり、企画失敗?」

と思いつつも、夫婦で戸惑いながら黙っていたら…

受付のお姉さんが頑張ってくれて、なんとか17時から入れる2時間30分のコースに夫婦二人で予約することができたんです。

自分たちで現地予約するのはやっぱり大変…
こんなことなら前日にJCBで予約してもらったほうが楽だったなーと思いました

奥さま

【バンコクのマッサージ・レストラン予約】日本語で予約できるJCBプラザラウンジを利用しないと損!

スポンサードリンク

ラリンジンダウェルネススパバンコク2h30mコース、イザ体験!

ラリンジンダウェルネススパバンコク店_入り口ラリンジンダウェルネススパバンコクは
グランデセンターポイントチットロムの最上階にあります

ラリンジンダウェルネススパバンコク店_受付のお姉さんたち今回いろいろ頑張ってくれた受付のお姉さんたち
ありがとうございます

ラリンジンダウェルネススパバンコク店_ウェルカムドリンクまずは応接ルームに通されウェルカムドリンク的な

ラリンジンダウェルネススパバンコク店_スクラブ用のオイルとマッサージ用のオイルスクラブ用のオイルとマッサージ用のオイルを選びます

ラリンジンダウェルネススパバンコク店_着替えをして足を丁寧に洗う1最初に着替えをして足を丁寧に洗ってもらいます
この時点で高級感満載

ラリンジンダウェルネススパバンコク店_着替えをして足を丁寧に洗う2丁寧な仕事っぷりがイイ~

ラリンジンダウェルネススパバンコクは最高のロケーション

私達夫婦が申し込んだコースは、

  • スクラブマッサージ90分+シャワータイム+オイルマッサージ60分

の2時間30分コース。

途中でシャワータイムがあるので、実際にはもっとかかりましたけど。

ラリンジンダウェルネススパバンコク店マッサージルーム01こんな素敵なお部屋でスクラブ&オイルマッサージを受けます

ラリンジンダウェルネススパバンコク店マッサージルーム02まるでホテルの1室のようです

ラリンジンダウェルネススパバンコク店マッサージルーム_施術部屋専用のシャワールーム施術部屋専用のシャワールームもキレイ

スクラブマッサージはけっこう力が入っていて、心地良いものでした。

そして、オイルマッサージもけっこう力強くタイマッサージ系で、男の私でも満足できるマッサージでしたね。

ちなみに、オイルはマッサージ後もお肌に浸透してハーブ効果を発揮するので、マッサージから2時間はシャワーで流さないように言われました。

ということで、夕方17時に入場したのに、マッサージが終わったらもう夜景がキレイな夜でした。

ラリンジンダウェルネススパバンコク店マッサージルーム_施術ルームから見たバンコクの夜景1バンコクの夜景も今日で見納めかと思うと…

ラリンジンダウェルネススパバンコク店マッサージルーム_施術ルームから見たバンコクの夜景2楽しかったな~とかいろいろ思い出して…

ラリンジンダウェルネススパバンコク店マッサージルーム_施術ルームから見たバンコクの夜景3ホテル最上階からの眺めってやっぱ最高です

ラリンジンダウェルネススパバンコク店の2時間30分のボディスクラブとオイルマッサージのコース、料金は2人で19,921円でした

奥さま

スポンサードリンク

新千歳空港帰国便まではタイ航空のラウンジでまったり

タイ航空国際線ラウンジ_入り口スパのあとは空港まで送迎され出国手続きをしてタイ航空の国際線ラウンジへ
ANA系スターアライアンスの恩恵に預かります

タイ航空国際線ラウンジ_ラウンジのアルコールコーナータイ航空の国際線ラウンジもまたフリーアルコール

タイ航空国際線ラウンジ_フードコーナー1フリーフードなので出発までにちょっとした腹ごしらえができます

タイ航空国際線ラウンジ_フードコーナー2バンコク発のフライトは深夜11:45発深夜便なのでお料理自体の品数は少なめです

タイ航空国際線ラウンジ_ビールとサンドイッチとソーセージ夜なのに飲んで食べて…
こうしてお腹をいっぱいにしておいて機内で爆睡するzzz…

ということで、2016年6月19日(日)から26日(日)までのタイ・サムイ島4泊、バンコク1泊、機中泊1泊の夫婦たびは無事終了。

スポンサードリンク

今回のタイ・サムイ島旅行備忘録

今回は約8年ぶりにタイ・サムイ島に2度めの旅行をしてみましたが、正直言って感じたことは、

  • タイに行くんならサムイ島よりカオラックのほうが良いかも

夫婦揃ってそんな感想でした。

サムイ島のホテル、ちょっと繁華街まで遠かったのが失敗だったかも…

奥さま

夫婦たび管理人

サムイ島はかなり発展はしているみたいですけど、なんだかホテルを含めどこも蚊が多いってイメージで、海もカオラックのほうがキレイに感じた…

ということで、次回タイに行くときは3度目のカオラック滞在なることでしょう。

東南アジアのビーチリゾート旅行はタイのカオラックがおすすめの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です